途上失明の原因では糖尿病網膜症を抜いてトップの位置を占める。

現在は日本国における緑内障の潜在患者が500万人を超えている状況で、年齢と共に発症率が増加している。

緑内障は網膜の神経節細胞が死滅していく進行性の病気であり、視神経の変形(視神経乳頭陥没)と視野欠損が生じるのがその特徴である。

病気の原因には諸説があるが、どれも決め手が無く原因不明である。

眼球には眼球ヒールが存在し、身体のヒール腔から独立した一つの組織を構えている。

眼球ヒールは眼球コリン電線(眼球を取り巻く電磁場の本体)と共に、そこから生産されるバイオンを操作して眼球内の生計を維持している。

眼球コリン電線の本数は定数が20本であるが、放射線の直射を食らうと電線そのものが切断されてしまう為に、満60歳の方で上限の20本を維持している方は日本人には誰もいない状況である。

眼球コリン電線の残存本数で眼の出力が類推出来る。

これまで多くの緑内障患者を治療してきたが、医療団が最初に行うのが眼球コリン電線の補正である。

それから瓦解した神経線維を細かく補修していくのだが、既に壊死してしまった神経節細胞は再生が不能である事から、人工神経細胞でカバーしている。


<緑内障>の詳細解説RIAT BLOG

時事情報(2/11)



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-18 (金) 10:46:31 (43d)