途上失明の原因で三番目に多いのがこの病気である。

未だに原因が分からない為に特定疾患(難病)の指定を受けている。

長い年月をかけて網膜の視細胞が退化変性していく病気であり、初期症状の特徴としては進行性夜盲、視野狭窄、羞明(しゅうめい: 強い光を浴びると不快感や痛みを覚える)などの典型的な症状がある。

日本国におけるこの病気の患者数は約5万人、盲学校では第2位の比率を占めている。

医療団が世界中の盲学校を調査した結果、この病気の原因を突き止める事が出来た。

それは眼球コリン電線(神経線維)の万年電流が途絶えてコリン電磁場(視神経回路電磁場)自体が消滅し、網膜内のニューロン細胞を結ぶ連絡管(電線)が段階的に瓦解を起こしていく病気である。

この病気は神様の「天罰病」であって、眼球から出る視神経にアストラルの遮断材をかまされた結果生じてくる病である。

眼球内の組織に大きな異常は無いが、神経線維そのものが徐々に退化して結果的には全て失ってしまう。

天罰は本人自身が原因する場合もあるが、むしろご両親に負担を負わせるという意味合いが強い。


<網膜色素変性症>の詳細解説RIAT BLOG

時事情報(2/11)



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-18 (金) 10:42:45 (129d)