生命霊界には二つの種類がある。

いずれもアストラル物質からなる。

1.脊椎動物専用の人為的な位相霊界(動物霊界=単位霊界)

  創造主が惑星に建設するもので、個々の動物の位相意識を育むためのもの。

2.自然界が作り出す自然霊界(全体霊界)

  単細胞生物の様な微生物や植物や昆虫などの意識(全体意識)を育むためのもの。

<位相霊界>について

地球磁場圏?に存在する約100垓(がい: 1京の1万倍が1垓という単位)の位相群のこと。

磁層に沿って層状に形作られるもので、脊椎動物の全てが自己の意識を囲う場になっている。

創造主が高度な生命体を創出するために考案した電子システムで、自然界の地上の生物と母星の関係を観察、模倣し創り出した人工的意識。

バイオン自体の能力差(明晰な記憶力)と、解析容量が12の4乗倍という渦磁場の「φ型集積回路?網」を使用する事により、天体の力学的なネブヤハゲル運動?を利用した高等な思考回路(心作用=精神回路)を使用出来る様にした。


<生命霊界>の詳細解説RIAT BLOG

銀河標準科学の基礎知識(医学編その1:アストラル物質②)

時事情報(3/14)



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-18 (金) 15:07:30 (93d)