北東ヨーロッパ言語居留区(フヨイゲ連合言語居留区: 26音文字)・・・期間は25万年前〜2万年前まで続く。

合計で2度の民族解放が行われた。

フヨイゲ連合の総帥民族であるエリダヌス座のδ星(恒星ラナ)の第三惑星(コイカー)人による言語教育が行われた。

居留区の全体像はウクライナの北部、現在のベラルーシから、東はロシアのモスクワ、北はバルト三国のラトビアとリトアニア、西はポーランドとチェコ、スロバキアとハンガリーにまで及ぶ広大な一帯。最盛期には約1500万人の人口を有した。

フヨイゲ連合の地球基地はベラルーシのミンスクの南東部(マリーナホルカ)にあって、当時は8万人規模の円盤基地が建設されていた。

今から12万年前に第一回目の民族を解放し、彼らは現在のハンガリーに定住して国を建設した。

二回目の解放は今から10万年前に行われて、現在のロシアのサンクトペテルブルク地方に入植した。

そして今から2万年前に居留区自体が解放され、居残った民族がそのままそれぞれの国を建国していった。

それぞれの地方で分派しているが、基本言語は古代スラヴ語(エリダヌス座のラナ言語)である。


<北東ヨーロッパ言語居留区>の詳細解説RIAT BLOG

時事情報(6/26)



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-28 (月) 15:18:25 (83d)