以前は老人性円盤状黄斑変性症と呼ばれていた病気である。

網膜の光受容体が存在する部分が黄斑部なのだが、早い話が光線をキヤッチする部分の火傷である。

老人に多い理由は長く生きているからであり、その分火傷も重症化してくる。

放射線は眼球を貫通していくが、太陽の強い紫外線などは網膜を襲って傷をつける。

昔と比較すれば現在の太陽光は危険であり、ドライバーにサングラスは必須な環境下であると言えよう。


<加齢黄斑変性>の詳細解説RIAT BLOG

時事情報(2/11)



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-18 (金) 10:48:44 (43d)