本文へスキップ
ホーム RIAT BLOG 設立理念 研究一覧 出版 お問い合せ
イメージ写真2

研究一覧

軽産業技術

半導体特性増幅器(開発済)

本装置は非金属シリコン結晶が有する「半導体特性」を、それを有していないβ-スズ構造の金属シリコンにも添付させる機械です。
半導体特性とは、電流を一方向にしか流さない性質の事ですが、重要なのはシリコン内部に電子が配列した電子パイパスが自然形成されており、一種のミニ電池と化しているから電流の方向制御が出来る訳です。別にシリコンで無くても半導体特性を示す元素は多少あるのですが、この装置は添付により金属構造の内部(原子間)にも電子配列を促して、それらを固定させる装置だと言えば分かって頂けるでしょうか。特に、マイクロ発電デバイスに使用される金属シリコンに半導体特性を与えるために、先に開発した機械です。