本文へスキップ
ホーム RIAT BLOG 設立理念 研究一覧 出版 お問い合せ
イメージ写真2

研究一覧

軽産業技術

遠隔作用力線(研究中)

力線種によっては単なるセンサー線もあれば作用を及ぼす作用力線もあって、その種類は数千万種とも言われています。ある国が原子爆弾を開発したとしても力学投影機でその存在がすぐ分かってしまいます。また遠隔作用力線を駆使すれば敵国のコンピューターも操作できますし、核爆弾もその場で爆発させて処理できる事になります。

科学がきちんと発達すれば、原始的な武器など通用しない戦争を起こせない世の中になって行く訳です。その様な意味からも、遠隔作用力線の開発は今後は凌ぎを削る事になると思われます。地球人同士互いに戦争し合って、それが一体何のメリットになるのでしょうか。