本文へスキップ
ホーム RIAT BLOG 設立理念 研究一覧 出版 お問い合せ
イメージ写真2

研究一覧

軽産業技術

水構造変換器(開発済)

水に特定の物質信号を与えると、水の分子クラスターが自動的に変化し、六員環構造や線状(繊維)構造や解離構造(純水構造)など様々な形状に変化します。
当社では一般家庭用では飲料水として六員環電子水を推奨しています。また、この性質を利用して水発電機が作られています。

水分子が回転する軽量水
水分子が殺菌する殺菌水
劇的に汚れの落ちる洗濯水
など様々な選択が可能です。

六員環水以外は、飲み水としては危険な為、医療用や特定の工業用水としての使い道しかありません。

現在の医学では知られていませんが、生物の随意系の神経電線(アクオン電線と呼ばれる)には、六員環分子が鎖状に配列した「六員環分子磁束」が電流として走っています。これは意識を末梢に伝達する為の特殊な随意電流と言えます。生体には水を六員環クラスターに変換する特殊な能力が備わっています。



                (六員環結晶イメージ図)
       


               (六員環結晶の鎖状配列イメージ)
                 ※紫の破線は磁束の流れ